ポケットWi-Fi? WiMAX? 無線LAN? そもそもルーターって何? それぞれの違い、詳解します


「詳解」と「紹介」をかけるという高度なギャグで幕を開けました。どうもやぎこです。

今回は、よく「Yahoo!○恵袋」や「教○て!Goo」にて誤用されまくってる「ポケットWi-Fi」や「WiMAX」、「無線LAN」etc……というワードに関する大まかな説明、それと実際の例みたいなものをお話ししてみたいと思います。
では早速本題に……となる前に、実際どんな感じで誤用されてるのか、例をちらっとご覧頂こうかと。

この写真を見て「何を言っているんだ……」ってなった方、正しいです。
どうやらこの世界には、こういった誤謬がはびこりまくっているようでして……。

ということで今回は、全くの初心者の方にもわかりやすいように、図を用いつつもこのようなワードについて、しっかり正しく説明していこうと思います。
まあ、筆者自身初心者っちゃあそうなんですけどね(おい

「無線LAN」と「Wi-Fi」の話

さて、まずはめちゃくちゃ大きな枠の話として、「無線LANってどういうもの?」という話からスタートしていきたいと思います。
まあ端的に言ってしまえば、「無線で接続出来るLAN」なのですが……。

そもそもこの記事をご覧になっている方々のうち、何人が「LAN」なるものをご存知でしょうか?
「なんかよく分からないけど、Wi-Fiのことを無線LANって言うんじゃないの?」とか思っているそこの方。それ、間違ってます。

LANというのはLocal Area Networkの略称で、日本語に直すと「地元地域の網」。全く意味分かりませんね。
まあ簡単に言うと、LANとは「数台~単位の限られたコンピュータ間に敷設される、外部とは切り離されたネットワーク」のことです。
「えっ? 外部とは切り離されてるんなら、なんで無線LANでネットに繋げるの?」と思った鋭い方々もいると思いますが、これは「WAN(Wide Area Network)」と呼ばれる世界中に広がっているネットワークとLANの間を、「ルーター」や「モデム」という機械が仲立ちしてくれているおかげなんです。

そして無線LANとは、初めにも言ったとおり、「無線接続が可能なLAN」のこと。もちろんこの中には「Wi-Fi」も含まれますが、必ずしも同義ではないのです。
もっと言ってしまえば、Wi-FiというのはIEEE802.11という無線LAN規格の総称とされるもので、他にもたくさんの規格が無線LANには存在してます。有名どころだと、「Bluetooth」なんかも無線LANの仲間なんですよ。

「WiMAX」「3G」「LTE」の違いは?

次にお話しするのは、これら3つの通信形態のことです。
そもそも、「3G」「LTE」が通信形態ということを知っている人は多くても、「WiMAX」が通信形態のことであると知っている方って結構少ないんじゃないでしょうか。

WiMAXとは主に2.4GHz帯での広帯域移動無線システムのことで、IEEE802.16にて策定されている通信方式のこと。
これは、Wi-Fiなどの無線LANとは異なる「無線WAN」という枠組みに入ります。「LTE」「W-CDMA」「HSPA」などの通信が含まれる4G/3G通信に関しても、WiMAXと同様に無線WAN。
また、巷でよく言われている「WiMAX 2+」なる通信方式は、大雑把に言ってしまえばLTEとWiMAXのハイブリッドみたいなもので、正真正銘の4G通信であったりもします(いわゆる4G通信とされているLTEは、厳密に言えば3.9G通信とされています)。

つまり「WiMAX」と「WiMAX 2+」は、実は似て非なる通信形態なんですね。
ですがまあ、広義の「WiMAX」として捉えるのならば、同じようなものとして考えても差し支えは無いと思います(一応図のほうは分けておきます)。

まとめるとこんな感じに。
ここまで言っちゃっててアレですが、よくわからねえ!って方は、「なんかどれも一応は違うらしいぞ」くらいに思ってて大丈夫だと思います。

「ポケットWi-Fi」と「Pocket WiFi」

話を次の話題に進めることとしましょう。
ここまで通信規格の話をつらつらとしてきましたが、今度はもう少し話題を身近に変えて、身の回りにある通信機器の話をしていきたいと思います。
まず手始めにお話しするのは、モバイルルーター的な意味でよく用いられる言葉、「ポケットWi-Fi」について。

そもそもポケットWi-Fiという言葉の始まりは、2009年にイーモバイル社(現在はソフトバンクに吸収)が発表したモバイルWi-Fiルーターシリーズ「Pocket WiFi」の名称で、初めは今使われている「ポケットワイファイ」の意味とは全く違ったものでした。
つまり、普段よく見かける「ポケットWi-Fi」というワードと、「Pocket WiFi」なる商標とは完全なる別物だということをですね、皆さんは是非覚えて頂ければと。
ちなみにPocket WiFiと言うと、現在ではY!Mobileさんが出している物が本当のポケットWi-Fiになりますので、この辺も頭の片隅に是非。

ま、確かに語感が良いのは認めますけども……。
これだと「ポケットWi-Fi」っていう新しい通信規格に見えちゃうのは……筆者だけ、ですかね……??
もっと言うと「モバイルWi-Fi」なんてもんもありますけど、アレもホント謎。
そのうち「ポケットBluetooth」とか「ポケットLTE」とか出てきたりして(((

「ルーター」という打開案

さて、本記事も終盤に差し掛かって参りました。
一番初めから今に至るまで、完全に筆者のウンチク講釈垂れ流し記事になっている本記事。ということで最後くらいは、もうちょっと世間に媚びた寄り添った話をしたいと思います。
ですがその前に、簡単に「ルーター」なるワードの説明をさせて頂こうかと。

ここに至るまでルーターという言葉を連発していますが、至極単純に言ってしまえば、ルーターとは「LANとWANを繋ぐ装置」のことです。
家にあるような箱型据え置きルーターであれば、壁から這い出ているケーブルの先(WAN)と家庭内ネットワーク(LAN)を繋いでますし、WiMAXや4G LTE回線に代表されるモバイルルーターなんかは無線WANと無線LANを仲立ちする役目を担ってるわけですね。

まあ何が言いたいかというとですね、よく「WiMAX」とか「Wi-Fi」とか言ってるのって、実はみんなルーターを指しているんじゃないの?っていうコトでして。
例を出すと、「ポケットワイファイ」というのは「ポケットワイファイ(という俗称で知られるモバイルルーター)」、「WiMAXルーター」なら「WiMAX(という通信方式の電波を受信してWi-Fiの電波を発信する)ルーター」……といった具合に。
もっと言いますと、「Wi-Fiに繋がらない!」という言葉は「Wi-Fi(の電波を出しているルーター)に繋がらない!」と書き換えられますし、「LTEのエリア」は「LTE(という通信方式で通信をすることが可能)のエリア」なんて言うことも出来るでしょう。なんか最後のは雑だった気もしますが。

左上から順に、「WX03」「WM3500R」「AC785」「E5836」。全部れっきとした、「WANとLANを繋ぐルーター」です。

まとめ

以上、とりとめのない筆者の戯言でした。
ここまで長々と語って来ましたが、つまりはですね、

  • WiMAXもLTEもWi-Fiも全く違うものだし、これらは通信規格の名前にすぎない
  • 「Pocket WiFi」は商標だから。「モバイルWi-Fi」に至っては意味不明。
  • ルーターのことならちゃんと語尾に「ルーター」って付けようね!

こういうことです。お願いですからこの辺を混同しないで下さい。大変分かりにくいです。

まあ、世間一般を生きていく上ではこの辺、正直どっちでも変わらないって感じではあると思いますし、どちらかといえば速度とか料金とかそっちのほうに目を向けたい感はあるんでしょうけどね……。
その辺気になる方は、当サイトの過去記事でもご覧頂くとしまして。
でもでも、そういった調べモノにも正しい知識があるとないとでは効率が変わってくると思うので、本記事みたいな話も頭の隅っこには置いておいて頂けるとありがたいなぁ、と。

そして本サイトでは、これからWiMAXを契約したい読者の皆さんが一番気になっているであろう、「一番安いプロバイダ」も徹底検証してみました。
果たしてその結果は……? ということで、↓のボタンをポチっと、是非是非チェックしてみてくださいね!

[最終更新日]2018/02/09

この記事を書いた人

やぎこ

やぎこ

物書きとか色々を中途半端にやりながら大学浪人してる18歳。 ミスチルならどの曲でも歌えるのが特技です。 ヤギのように雑食で生きていきたい所存。 @yagikochでTwitterはじめました。

関連記事