MVNOに続く第三の選択肢!?WiMAXを実際に使ってみて気付いたメリット・デメリット


どうもどうも、ついに我が家にも光回線がやって来ました。やぎこです。
本日は、とある筋よりお借りしたWiMAX端末を実際に使ってみての感想といいますか、レビュー的なものをお送りしたいと思います。
ここ最近、MVNOなどの格安SIMに押されてなんだか肩身の狭くなってしまったWiMAX。しかし、使い道と使い方をちゃんと考えてあげれば、これほど有用なサービスもなかなか無いような気がします。

そして今回使ったWiMAXは、CMなどで話題の「UQ WiMAX」。他のサービスへの提供元でもある最大手で、通信容量無制限のお得なプランが特徴です。
詳しい料金とかに関しては(今回の記事では)割愛しますが、公式サイト見た感じけっこう安くてびっくりでした。上手く使ってあげれば固定回線引くよりも断然安上がりに出来ますよ、これ。

ちなみに今回用いた端末は、HUAWEI製のHWD15。WiMAX2+という3日で10GB制限のある高速通信と、スピードは若干落ちるものの通信し放題なただのWiMAXを使い分けることが出来る、そんな有能な端末です。実はこの機能、最新機種には無いらしく……、それ故に割と品薄な端末らしいです。

お外で

さて、まずは外出先でのレビューになります。
通信容量に制限の無いのがこのWiMAXの利点ということで、お得に使う一番の方法が外でも家でも使いまくる……的なものだと思い、実際にデータ端末を持ち歩いて使ってみました。

某所某日、お昼過ぎ。
まず初めに使ってみたのは、まあまあそこそこの人で賑わうターミナル駅を持つ程度には繁華街な街の一角にある、サ○マルクカフェの中。
アメリカンコーヒーを注文し、店の奥のソファー席に陣取り、さてWiMAX端末を起動してみると……。

マジかお前。まさかの圏外。
ということで、しょっぱなから数少ないWiMAXのデメリットが出てしまった形となりました。
ズバリ、電波が弱い。
WiMAXの電波は普通の携帯の電波と違い、ほんの少し遮蔽物とかに弱い帯域使ってるんですよね。で、その結果こうなってしまうと。
改善策としては、例えば窓とかドアの近くに移動してみたりだとか、自分で簡易アンテナを作ってみちゃうだとかがあったりします。なんか面白そうなんで、僕も追々トライしてみたい所存だったり。

さて、気を取り直してサン○ルクを出ます。すると建物の干渉が無くなってくれたおかげか、安定のバリ3(死語)となってくれました。

正確にはバリ4ですけども。
WiMAXのカバーエリア自体はまあまあ広いので、ある程度栄えてる場所でしたらまず電波は拾ってくれると思います(それでも携帯の電波には遠く及びませんが)。
このとき時刻はおよそ5時。会社や学校からの帰宅ラッシュが始まる時刻ということで、そろそろ電波の混む頃合い。
しかし、そんなときでも契約者の少ない(悲しい)WiMAXならスイスイ通信が出来ちゃいます。

駅前の電波混みまくり地点で、脅威のダウンロード10Mbps越え。もちろんYoutubeの動画や画像サイトなどだってサクサク見れちゃいます。
筆者もこのあと、WiMAX経由でSNSやメールのチェック、ネットサーフィンなどなどやってみましたが、全くストレス無く通信が出来てました。

またちょっと意外だったのは、野暮用のあった近くの雑居ビルに入っても、通信が衰えなかったこと。
どうやら、干渉する建物としにくい建物があるみたいですね。その辺り、なかなか見極めにくいのが難点というか辛いところですけども。

おうちで

さて、そんなこんなで家に帰宅してからも使ってみました。
5階建ての鉄筋コンクリート造りなマンション、西向き窓があるお部屋でのテスト。

電波はちゃんと拾ってくれています。ときたまアンテナが2か1になってしまいますが、基本的には3~4を保ってくれてるため特段ラグなども感じず。
また、気になる通信速度に関してはこんな感じでした。

なんと、むしろ通信速度が下がってしまう結果に。まあ3Mbps弱出てるので、ネット見たりSNSやったりくらいには十分すぎるスピードなんですけどね。
もしかしたら、エリアギリギリのド田舎なためこういった結果になってしまっているのかもしれません。あるいは、我が家の周りでWiMAX使ってる人が案外多いのかも。
んー、謎だ……。

まとめ

ということで、1日をWiMAXと共に過ごしてみたレポートでございました。
自分自身、使ったり調べたりして感じたWiMAXのメリットデメリットをまとめると、

メリット

  • 通信容量を気にしないでいいので動画や音楽などをバンバン楽しむことが出来る
  • スマホに比べて回線が混雑しない
  • 固定回線と一本化しちゃえば通信費をかなり安上がりに出来る

デメリット

  • 通信エリアが携帯会社に比べて狭い
  • 電波が届かないことも多い
  • ルーターを持ち歩かなければいけないので荷物が増える

こんな感じですかね。

冒頭で光回線引いたーバンザーイなんて言ってる人間がアレなんですけど、正直一人暮らしなさってる方だったりが通信費抑えるためにはうってつけだと思うんですよね、WiMAX。
固定回線引くのって、月々の通信費もさることながら、自分でルーター買ったりPCに繋げたりプロバイダと契約したり、いろいろ面倒だったりもするじゃないですか。
でも、WiMAXだとその辺の苦労が何割か減になります。新生活だったりでドタバタしてる方にも、時短的に是非お勧めしたかったり。
けっこういろんなところが通信容量無制限のプランを出してる(というかWiMAXのウリがそこですし)ので、この辺チェックしてみる価値はありそうです。

また、ヘビーユーザーとしては地味に回線が混雑しにくいってのも有難いんですよねー。
お昼休み、周囲が遅い通信にあえいでいる中、自分は悠々とWiMAXで動画鑑賞……。うーん、いい気味だ。そして悪い趣味だ。

てな訳で、なかなか良さそうなサービス・WiMAX。
割と将来、自分が使うことも考える程度には結構おすすめな感じですよ。

そして本サイトでは、これからWiMAXを契約したい読者の皆さんが一番気になっているであろう、「本当に一番安いプロバイダ」も徹底検証してみました。
果たしてその結果は……? ということで、↓のボタンをポチっと、是非是非チェックしてみてくださいね!

[最終更新日]2018/02/09

この記事を書いた人

やぎこ

やぎこ

物書きとか色々を中途半端にやりながら大学浪人してる18歳。 ミスチルならどの曲でも歌えるのが特技です。 ヤギのように雑食で生きていきたい所存。 @yagikochでTwitterはじめました。

関連記事